独立行政法人 水産総合研究センター 北海道区水産研究所

北水研トップイベント情報 > 平成21年度 北光丸一般公開

漁業調査船「北光丸」一般公開の模様(2009.10.29掲載)
 平成21年10月21日(水)、函館港西ふ頭岸壁にて漁業調査船「北光丸」 の一般公開を開催しました。
 昨年は釧路港で開催した北光丸の一般公開ですが、本年は函館開港150年記念イベントの一環として同港で開催することとなりました。
 当日は、風が強く、午後からは小雨も降るなか、地元の市民の方々や小学校の生徒など、計254名の皆様に乗船していただき、誠にありがとうございました。

一般公開開催直前の北光丸。西ふ頭岸壁で皆様をお待ちする準備をしているところです。 北光丸からは函館山がきれいに見えました。風は強かったのですが、昼すぎまでは晴天でした。 
一般公開開催直前の北光丸。西ふ頭岸壁で皆様をお待ちする準備をしているところです。 
 
北光丸からは函館山がきれいに見えました。風は強かったのですが、昼すぎまでは晴天でした。
オール・フラッグ(停泊中に信号旗を船全体に飾る)は、お客様に対する歓迎の意を表します。;翻る旗とファンネルマーク(煙突に描かれている水産総合研究センターのマーク)が青空によく映えます。 
オール・フラッグ(停泊中に信号旗などを船全体に飾る)は、お客様に対する歓迎の意を表します。 翻る旗とファンネルマーク(煙突に描かれている水産総合研究センターのマーク)が青空によく映えます。
 
準備が整い、あとはお客様を待つだけの乗組員と受付スタッフ。 乗組員も制服を着用し、ちょっと緊張気味 
準備が整い、あとはお客様を待つだけの乗組員と受付スタッフ。
 
乗組員も制服を着用し、ちょっと緊張気味?
 
一般公開開始直後から、次々と来船いただきました。 地元の小学校の見学もありました。 
一般公開開始直後から、次々と来船いただきました。
 
地元の小学校の見学もありました。
 
まず甲板には海洋調査機器を展示しました。いろいろな水深のデータをとることができるものです。 船内では、調査で漁獲された魚などの標本を展示しました。食卓にでるおなじみのものから、見たことがないようなものも。 
まず甲板には海洋調査機器を展示しました。いろいろな水深のデータをとることができるものです。
 
船内では、調査で漁獲された魚などの標本を展示しました。食卓にでるおなじみのものから、見たことがないようなものも。 
 
研究室では、北光丸が採捕したウナギの親魚を展示しました。遠い南の海で産卵し、ふ化した幼生が黒潮にのって日本までやってくる話を聞いた地元の小学生は、ちょっと不思議そうでした。 海洋環境調査で採取したプランクトンも展示しました。 
研究室では、北光丸が採捕したウナギの親魚を展示しました。遠い南の海で産卵し、ふ化した幼生が黒潮にのって日本までやってくる話を聞いた地元の小学生は、ちょっと不思議そうでした。 
 
同じ研究室に海洋環境調査で採取したプランクトンも展示しました。
 
ブリッジ(船橋)です。ここでは、船の航行に関する計器類、また、エンジンや調査漁具などを引き上げるウィンチの操作盤もあり、船の中枢となるところです。 ブリッジの前方窓からは、「函館どつく」方面が見えました。 
ブリッジ(船橋)です。ここでは、船の航行に関する計器類、また、エンジンや調査漁具などを引き上げるウィンチの操作盤もあり、船の中枢となるところです。 
 
ブリッジの前方窓からは、「函館どつく」方面が見えました。

 ブリッジでは難しそうな機器類を、わかりやすく説明させていただきました。 
ブリッジでの説明1 ブリッジでの説明2 
ブリッジでの説明3 ブリッジでの説明4 
ブリッジでの説明5 ブリッジでの説明6 


 船内の通路では過去の調査航海などの写真を展示しました。 通路に掲示した写真の1枚です。こんなに着氷したときもありました。 
船内の通路では過去の調査航海などの写真を展示しました。 
通路に掲示した写真の1枚です。こんなに着氷したときもありました。 
食堂ではロープワーク(いろいろな用途に応じた結び方の技法)を体験していただきました。  ロープワークは、憶えるのがちょっと難しかったようです。 
食堂ではロープワーク(いろいろな用途に応じた結び方の技法)を体験していただきました。
ロープワークは、憶えるのがちょっと難しかったようです。
いろいろな結び方があります。  ちょっとした芸術品だと思いませんか。 
いろいろな結び方があります。
ちょっとした芸術品だと思いませんか。
 甲板では救命いかだの展示もしました。  実際に中に入っていただきました。救命具なのですが、なんだか楽しそうです。
甲板では救命いかだの展示もしました。
実際に中に入っていただきました。救命具なのですが、なんだか楽しそうです。
 風が強かったため、船員がうしろから下船時の安全を見守ります。  最後は乗船の記念品をお渡ししました。
風が強かったため、船員がうしろから下船時の安全を見守ります。
 
 最後は乗船の記念品をお渡ししました。
無事一般公開も終了し、歓迎のオール・フラッグをおろすところです。乗船にいらした皆様、本当にありがとうございました。 
無事一般公開も終了し、歓迎のオール・フラッグをおろすところです。乗船にいらした皆様、本当にありがとうございました。 

→イベント情報のページへ戻る
独立行政法人 水産総合研究センター 北海道区水産研究所