独立行政法人 水産総合研究センター 北海道区水産研究所
厚岸でニシンの採卵と人工授精(2008.4.23)

 4月23日に厚岸漁業協同組合の魚市場において、恒例のニシンの採卵と人工授精が厚岸湾ニシン放流
技術検討会主催で行われました。
 厚岸周辺では3月頃から産卵のために回帰したニシンが漁獲され始めることから、毎年4月に漁業者、厚岸
漁業協同組合、厚岸町、釧路地区水産技術普及指導所、道立釧路水産試験場および北水研厚岸栽培技術
開発センターの関係者が参加して、当日に漁獲されたニシンを使って採卵と人工授精を行っています。この日
に得られた受精卵は、厚岸栽培技術開発センターの水槽に収容して放流する7月まで飼育します。放流した
稚魚は2年後には23cm程度に成長します。
 今年はおよそ75万尾の稚魚を厚岸湾や浜中湾などに放流する計画です。


採卵用のニシン 当日水揚げされたニシンから105kgを購入

 

雌雄の選別作業。ニシンはまず雌雄と産卵後のものに選別する

 

成熟した雌の卵巣

 

卵巣(雌)の摘出作業

 

精巣(雄)の摘出作業

 

卵巣と精巣の摘出作業

 

卵巣からの卵の取り出し。ゴムこてで絞り出す。

 

精巣から精子のしぼり出し。網目の細かいネットに精巣を入れてしぼり出す。

 

授精作業1 卵子に精子をかける。

 

授精作業2 精子をかけた卵子を海水に入れる。

受精した卵を付着基質に付着させる。基質はパーム材(ヤシの繊維をほぐしたもの)。

 

付着したニシンの卵

 

厚岸栽培センター水槽への受精卵の収容

 

授精作業で腕に付着したニシンの卵