独立行政法人 水産総合研究センター 北海道区水産研究所
トップページトピックス平成22〜19(2010〜2008)年度のトピックス>「春採夏祭り」にウナギ幼生観察・タッチ水槽を出展
「春採夏祭り」の体験コーナーにウナギ幼生観察・タッチ水槽を出展しました(2010.8.18掲載)
 
  8月14日(土)に開催されましたFMくしろ主催「春採夏祭り」の体験コーナーにタッチ水槽を出展し、当研究所で親ウナギに産ませた卵やふ化後の幼生も展示しました。当日は汗ばむほどの陽気となり、タッチ水槽はたくさんの子供達でにぎわいました。また、ウナギの卵や幼生の展示も、水産総合研究センターが取り組んでいる人工ウナギ種苗生産研究の重要性の説明とあわせて多くの方に関心をもって観ていただきました。

  なお、本年10月17日(日)に、当研究所が毎年開催しております一般公開(入場無料)でも、タッチ水槽はございますので是非ご来場ください。一般公開の詳細につきましては、当研究所ホームページなどで、あらためてご案内いたします。

当日は天候もよく、会場は来場者でいっぱいでした。 開始時刻前に、職員がFMくしろのインタビューを受けているところです。タッチ水槽のさかなの種類などを説明しています。
当日は天候もよく、会場は来場者でいっぱいでした。

開始時刻前に、職員がFMくしろのインタビューを受けているところです。タッチ水槽のさかなの種類などを説明しています。

タッチ水槽です。北の海の生き物でいっぱいです。 めずらしそうに生き物をながめる子供達。
タッチ水槽です。北の海の生き物でいっぱいです。 めずらしそうに生き物をながめる子供達。
タッチ水槽は大人気でした。 当研究所資源培養研究室で産卵させたウナギの卵や幼生の展示です。水産総合研究センターはウナギの完全養殖に成功しました。

タッチ水槽は大人気でした。

当研究所資源培養研究室で産卵させたウナギの卵や幼生の展示です。水産総合研究センターはウナギの完全養殖に成功しました。
トップページトピックス平成22〜19(2010〜2008)年度のトピックス>「春採夏祭り」にウナギ幼生観察・タッチ水槽を出展
独立行政法人 水産総合研究センター 北海道区水産研究所