研究情報

調査船などによるモニタリングと成果

  • 北海道周辺の海と魚の今」ホームページ 2014年3月開設 北海道ブロック水産業関係研究開発推進会議
    「北海道周辺の海と魚の今」ホームページイメージ
  • 北海道の海とサカナの観測最前線PDF(2MB) 2008年3月 北海道ブロック水産業関係研究開発推進会議資源・海洋部会
  • 水産業の健全な発展のために−調査船モニタリングの役割と現状−PDF(8MB) 2007年5月 北海道ブロック水産業関係研究開発推進会議資源・海洋部会
  • N-line Database
    北海道区水産研究所が2000年から行っているオホーツク海の海洋観測データベースです.
  • A-line Database
    北海道区水産研究所と東北区水産研究所が中心となって行っている A-line(北海道厚岸沖の親潮を横切る定線)の観測データセットを紹介しています.
    ・水温、塩分は1989年~
    ・クロロフィル、栄養塩、動物プランクトンは1990年~
    ・その他、測点図、時系列図、船舶情報など

[ページ先頭へ]

わが国周辺水域における資源評価

わが国周辺の水産資源の現状を知るために(水産庁、水産研究・教育機構) ホームページの資源評価のうち,北海道区水産研究所担当ページへのリンクです.ここに掲載した以外の魚種や過去の情報については資源評価ページからご覧ください。

平成28年度魚種別系群別資源評価平成28年11月1日NEW!

平成27年度魚種別系群別資源評価

[ページ先頭へ]

漁海況予報

わが国周辺の水産資源の現状を知るために(水産庁、水産研究・教育機構)ホームページの漁海況予報に収録されているPDFファイルへのリンクです.

東北海区海況予報(PDF)

予報期間 5月ごろ 7月ごろ 8月~9月ごろ 1月ごろ 3月ごろ
平成28年度 第1回(4月22日) 第2回(6月24日) 第3回(7月29日) 第4回(12月21日) 第5回(2月24日)NEW!
平成27年度 第1回(4月24日) 第2回(6月24日) 第3回(7月31日) 第4回(12月21日) 第5回(2月19日)
平成26年度 第1回(4月25日) 第2回(6月25日) 第3回(7月31日) 第4回(12月18日) 第5回(2月27日)
平成25年度 第1回(4月23日) 第2回(6月26日) 第3回(7月31日) 第4回(12月24日) 第5回(2月26日)
平成24年度 第1回(4月25日) 第2回(6月27日) 第3回(7月31日) 第4回(12月14日) 第5回(2月27日)
平成23年度     第1回(7月29日)   第2回(2月24日)
※は「北西太平洋サンマ長期漁海況予報」の後半に収録

太平洋スルメイカ長期漁況予報など(PDF)

[ページ先頭へ]

資源変動要因

国際資源の現況

  • 国際漁業資源の現況(水産庁,水産研究・教育機構)
    |58 さけ・ます類の漁業と資源調査(総説) |59 カラフトマス 日本系 |60 サケ(シロザケ) 日本系|

トド資源調査

 水産庁委託事業「国際資源調査等推進対策事業」の一環として実施されてきた「トド資源調査」は、平成20年度から平成22年度まで全国漁業協同組合連合会、平成23年度から現在まで特定非営利活動法人水産業・漁村活性化推進機構が実施する「有害生物(トド)生態把握調査及び被害軽減技術開発事業」の下で実施されています。

 「年度」は「トド年度」であり、平成27年度は平成27年10月から平成28年6月までに調査したものです。

[ページ先頭へ]

研究成果情報

水産研究・教育機構では公立試験研究機関も含めて、新たに得られた知見や開発された技術を毎年度「研究成果情報」としてデータベース化するとともに、Webで提供しています(水産研究成果情報検索ページ)。

平成27(2015)年度 平成26(2014)年度 平成25(2013)年度 平成24(2012)年度 平成23(2011)年度
平成22(2010)年度 平成21(2009)年度 平成20(2008)年度 平成19(2007)年度 平成18(2006)年度
平成17(2005)年度 平成16(2004)年度 平成15(2003)年度

これより以前の情報は、(旧)研究情報から参照ください。

[ページ先頭へ]

技術マニュアル

[ページ先頭へ]

→トップページへ戻る